Cloudbusting! ~極私的日々是感動的日記~

 
 
 
 

kiretto first live@あづみのコミューン チロル

なかなか時間が取れずUpできませんでしたが、3月25日(土)は「あづみのコミューン チロル」さんにて、"kiretto"(キレット)のライブでした。お越し頂いたお客様、本当にありがとうございました!

IMG_0057_20170406234349add.jpg

"kiretto"(キレット)は、昨年からよく演奏をご一緒させて頂いているドラム橋本学さんがリーダーのトリオです。

 橋本学(ds,perc)
 望月慎一郎(pf)
 中島仁(cb)

橋本さんとは昨年9月に初めてSeirenとのコラボという形でのライブ以来しばしばご一緒させて頂き、今年になってからは"mjuk"(ミューク)として一緒に活動していただいていますが、今回は橋本さんがリーダーのトリオ。ピアノの望月慎一郎さんとは今回初めてお会いしての共演となります。

望月さんは以前よりピアニストN山さんより「長野に素晴らしいピアニストがいます」と聞いていたので一度お会いしたいとずっと思っていたのですが、主に東京で活動されており今まで機会がありませんでした。(ちなみにユッコ・ミラーのバンドのピアニストでもあります)

その望月さんが4月にSONG X JAZZレーベル(Kurt Rosenwinkel等の国内リリースを行っている他、日本の素晴らしいアーティストのアルバムを製作している、私のお気に入りレーベルの一つです)からアルバムをリリースするという事で、今回のkirettoライブはその望月さんの曲を大フィーチャーした選曲となりました。

IMG_0056.jpg

事前に橋本さんから送って頂いていた望月さんのアルバム音源を最初聴いた時はかなり衝撃的でした。本当に素晴らしい楽曲とピアノ、まさに私好み…というか、どストライク!その世界は幽玄で深遠、ECMからのリリースと言われても全く違和感無いクオリティー。一日でも早くお会いしたい気持ちとは裏腹に、難易度が高くてなかなか形にならない自分の演奏とのジレンマ。

特に望月さんの作品にはアルコが結構使われていて、全くアルコができない私はかなり焦りましたが、アルコである必然性がどうしてもある曲ですので、がんばりました(結果玉砕…)。でもおかげでちょっとハマったかも。まともな弓を買いに行こうと思います。(それ以前に練習…)

当日は望月さんの曲以外にも橋本さんのオリジナルも演奏!橋本さんの曲もイマジネーション膨らむ素敵な曲達でした!皆さん、素晴らしいなあ。

それにしても本当に楽しかった!そして本当にお二人は素晴らしかった!幸い、メンバー全員楽しめたライブとなり、是非是非続けていきましょうという流れに。嬉しいなー!

IMG_0063.jpg

望月さんのアルバム「Visionary」は4月26日発売ですが、先だって新宿ピットインで4月24日にライブがあります。こちらはレコーディングメンバーのベーシスト落合さんと、橋本さんのトリオになります。絶対に聴く価値あります!良質な音楽を求めている貴方、絶対にお聞き逃し無く!

そうそう、そのアルバム発売およびレコ発ライブのチラシには、
なんと、ミロスラフ・ヴィトスのコメントが!
衝撃!

SONG_X_LIVE_044_omote.jpg

SONG_X_LIVE_044_ura.jpg
スポンサーサイト
 
 
 
 

2017.03.25 橋本学 「kiretto」ライブあります!

Seiren 〜 mjukでお世話になっているドラマーの橋本学さん企画のライブが、3月25日(土)に安曇野市の「あづみのコミューン チロル」さんにてあります。私も参加させて頂いております。

IMG_6367.jpg

こちらのライブ、またまた新ユニットの「kiretto(キレット)」のファーストライブとなります。kirettoはリーダー橋本学さん(ds)を筆頭に、佐久市在住のピアニスト望月慎一郎さんと私のトリオ編成です。

望月さんは以前よりお名前は伺っていたのですが、今回初めてご一緒させて頂けるという事でとても楽しみです。望月さんはあのユッコ・ミラーのバンドメンバーと聞いておりましたので、どんだけキレキレなサウンドなんだろー、実際ワタシの様にあちこちキレが悪いオヤジではついていけないのでは無いか等々、お話を受けた後は悶々とした日々を過ごしておりましたが(嘘です)、望月さんが今後リリースを予定している(私の好きなSONG X JAZZかららしい!!)アルバムの音源を橋本さんから聴かせて頂きクリビツテンギョウ(古)、全然想像していたのと違って、メチャクチャ好みなサウンドで、しかもクオリティーの高さたるや!!即時にファンになりました。
流行語を無理矢理使いますと、ほぼほぼECMなんです!あー、素晴らしい!しかも難しい!

曲名に映画のタイトルらしきものが多く使われているところとか、その映画が全部好みとか(タルコフスキーのノスタルジアとかダンサーインザダークとか)、ピアノのスタイルに私のMost FavoriteのJohn Taylorが見え隠れするところとか、もうひたすらお会いするのが楽しみです!(実はこれ書いている時点でまだリアルではお目にかかっていませんでして…)

ホント、お勧めですよ、正直言って。とにかく私の好みのサウンドで、ホントビックリしてます。
必聴!!!!

 
 
 
 

mjuk First Live at アートカフェ清雅

3月11日(土)は、安曇野市豊科のアートカフェ清雅さんにて"mjuk"のファーストライブでした。

昨年12月にもこちらの清雅さんで「Seiren x 橋本学」のライブをさせていただきまして、その後Seirenの休止、mjukの始動と、振り返れば色々とありました。12月と同じ場所、同じメンバーなのに別ユニットのライブというのが不思議な感覚です。

新ユニットという事で新曲も多めに用意しました。まだ「初めまして!」な感じで、自分の体の一部になったとは到底言えない状況ですが、これから咀嚼〜消化して更に広げて行きたいと思います。

さて、当日はドラムの橋本さんが毎日新聞社の取材を受け、写真をリハの時間に撮る事になったとの事で、セッティングの後まずはそちらを。ウチは朝日新聞なので(長野県民のくせに信○ではナイ…)コンビニに買いに行かねば!それにしてもホント雰囲気のある場所ですね。
IMG_0033.jpg

今回は譜面台が必須でした。新曲も早く暗譜しなければ…
1489241807053.jpg

久々に橋本さんのツボ演奏!ツボを得た演奏!
1489320291651.jpg

休憩中の一コマ。ドラムのシェルと帽子とシャツが見事にコーディネートされています!!
IMG_0034.jpg

終演後にメンバーで。素晴らしいメンバーとの演奏、本当に感謝しています。
IMG_0036.jpg

アカンやつ…
IMG_0040.jpg
 
 
 
 

mjuk 始動します!(3月11日アートカフェ清雅でライブあります!)

ブログの更新、すっかり滞ってしまいました。
まあ、いつもの事なのですが。

私の場合、年末あたりから毎年情緒不安定になるんです。どんどん気分が落ち込んで、「年末は紅白見てコタツでみかん食べて」なんてのとはほど遠い、暗く出口が見えないいやーなドツボにハマっていくのです。そんな状態で新年を迎えても全くめでたく無い!ここ数年、どんどん酷くなっていて、昨年末は別件で落ち込む事やショックを受ける事がいくつも重なってもうホントダメダメでした。

そして2月に入って、ようやくここ数日、以前の調子が復活してきました。
ブログを書く気力も復活。

という事で、早速宣伝させて頂きます。

安曇野市豊科のアートカフェ清雅さんにて、3月11日の土曜日、ライブをやります!
新ユニットでの初ライブです!

昨年まで続けていたSeirenですが、訳あって一旦休止としました。
12月〜2月までいろいろ考えて、再度ユニットを組む事にしました。

Seirenで一緒だったピアノの藤原君、そして昨年何回かご一緒して頂いたドラマーの橋本さん。
彼らと新たにトリオを組む事になりました。

ユニット名は「mjuk」(ミューク)…と暫定で付けたんですが、もう色々考えるのが面倒になったんで、これで行きます。
スウェーデン語で「柔らかい」を意味します。
何が柔らかいかって?
一言で言えば、サウンドと、それに取り組む精神。

楽器だって、硬直していたら良いプレイはできません。
常に脱力して、柔らかく構える。

まあ、世の中、硬い方が良いことも色々ありますがw

昨年、コラボという形で共演させて頂いたドラマーの橋本学さんですが、正式メンバーとしてご一緒して頂く事を快諾頂きまして、このトリオで心機一転、頑張りたいと思います。

3月11日のライブ詳細は以下の通り。

 mjuk Live at Art Cafe 清雅
 2017年3月11日(土)
 開場 18:30
 開演 19:00
 m/c 2,500円(要オーダー)

 橋本学(ds,perc)
 藤原尚(pf)
 中島仁(cb)

ドラマーの方々、橋本さんのプレイを生で見られる(聴ける)またとないチャンスですよ!
そして、新生(真性?)ヨーロピアンジャズトリオ、mjukのサウンド、是非ご期待ください!!

20170311_mjuk清雅_表jpg

20170311_mjuk清雅_裏jpg
 
 
 
 

伊佐津和朗クインテット@松本市ジュリアーノ 12/16

12月16日は松本市の「イタリア料理とジャズの店 ジュリアーノ」さんにて、伊佐津和朗クインテットのライブでした。

メンバーはこの夏の斑尾出演メンバー。
  伊佐津和朗(Vib)
  樫山英人(gt)
  山口泰一郎(pf)
  飯塚理恵(ds)
  わたくし(cb)

当日は少し早めに入ってリハの予定だったのですが、とあるメンバーの方wがいつまで待っても来ない。リハが終わっても来ない。次第にバンマスの顔に焦りがw

結局、開演10分前くらいに到着!まあ、よくある事です。私も大雑把な人間なので気にしませんがw

さてさて、この日も沢山のお客様にお越し頂きました。伊佐津さんのMCも相変わらずオモロイし、山口さんのピアノは最高だし、飯塚さんのドラムは熱いし、樫山さんのギターもグラントグリーンだし、要は、とても楽しかったです!伊佐津さんとの演奏はいつも楽しいんですけど、この日はメンバーも良くてワタシも燃えましたw

15578650_1230879123660594_4106270659011530019_n.jpg

終演後に頂いたジュリアーノさんのパスタ、美味しかった!!
 
 
 
 

Seiren x 橋本学 @アートカフェ清雅

12月10日(土)は安曇野市豊科のアートカフェ清雅さんにて「Seiren x 橋本学」の第3弾ライブでした!

20161215002.jpg

第1弾は松本、第2弾は東京、そして第3弾にして漸くホームともいえる安曇野アートカフェ清雅でライヴする事ができました。当日は初めてお越し頂いたお客様も何名かいらっしゃって感謝感謝でございます。個人的には高校の同級生U君がサプライズ参加してくれたのも嬉しかったー。

20161215001.jpg

セットリストは第1弾から基本同じなのですが演る都度変わって来ていて、どんどんイイ感じになってますし!ホント刺激的です。毎回ほんのちょっとだけ違う曲入れてまして、第3弾ではMarcin Wasilewski Trioの曲を久々に演りましたが、これがまた予想外に気持ち良かった!ザ・橋本マジック!

この「Seiren x 橋本学」企画は今回をもって終了となります。お越し下さった皆様、本当にありがとうございました。

20161215003.jpg
 
 
 
 

2016年12月の演奏予定

12月にあるライブ予定をお知らせいたします。(すみません、終わったものもあります)
是非足をお運びください!
どうぞ宜しくお願いします。m(__)m

12月4日(日)
安曇野市豊科公民館ホール
〒399-8205 
安曇野市豊科4289
14:00開演

ニュースリーシャープス 第45回定期公演


12月10日(土)
アートカフェ清雅
安曇野市豊科
18:00開場 18:30開演
M/C 2,000yen(要オーダー)

Seiren x 橋本学

※安曇野、松本を拠点に長野県内外で活動を続けるヨーロピアンジャズユニット「Seiren」と日本ジャズシーンの第一線そしてノンジャンルで活躍するドラマー橋本学氏とのコラボ第3弾は、築120年の蔵を改築し、その素晴らしい音響を誰もが絶賛する安曇野市の「アートカフェ清雅」にて実現!


12月16日(金)
松本市 イタリア料理とジャズの店 giuliano(ジュリアーノ)
19:30頃〜、20:30頃〜

伊佐津和朗(Vib)、山口泰一郎(pf)、樫山英人(gt)、飯塚理恵(ds)、中島仁(b)

※松本市にあるイタリア料理とジャズのお店、ジュリアーノさんにてジャズマスター・伊佐津和朗クインテットのライブがあります。この夏に斑尾ジャズに出演したメンバーが再度集結します。お聞き逃し無く!


12月23日(金)〜24日(土)
白馬樅の木ホテル
〒399-9301
長野県北安曇郡白馬村北城4683-2
※詳細後日

堀内実智代(vo)、藤原尚(pf)、中島仁(b)

※いやいやいや、この組み合わせは本邦初!ホテルロピーでのX'masライブですが、今から予約してでも聴きに来て頂きたい!


12月25日(日)
レストラン柴崎
〒386-0012
長野県上田市中央2-12-1
※詳細後日

山口泰一郎(pf)、柴崎直也(ds)、中島仁(b)

※ボーカルセッションが上田市のレストラン柴崎さんであります。ホストバンドを務めさせて頂きます。2016年最後(多分)の演奏も山口さんとご一緒させて頂きます!

---

是非足をお運びください!
お待ちしております!!
 
 
 
 

初ビッグバン!ど

さてさて、長野市での渡辺チエコさんのサポートが終了し、片付けをしているとワタシの愛用しているあいぽん7に一本の電話が。出てみると、先日とあるイベントでご一緒したピアノのYさん。彼女が所属しているビッグバンドのベースの方が急遽入院されてしまったとの事で、トラを探しているとの事。

しかし、予定している公演があと一週間後という事で、これはかなーりミッションクリティカルなトラ作業。ワタシ的にはビッグバンドというものをやったことが無く、持っているイメージとしても「譜面通りに弾かないと怖い教官にスパルタされる」といったものしか無く、いや、それはウソですが譜面通りに弾かないとサウンドしないという点で自分には無理!と決めつけていましたので、そこへ来て一週間、20曲近く…とくれば、ちょっと怖じ気づいて「ご、ごめんなさい」と意味も無く謝ってしまう所なのですが、電話先の様子が本気で困っている感じでしたので、5秒ほど迷ったあげく「やります」と。

でもよく考えたら、ボーカルスクール発表会をお手伝いさせて頂く時は、やはり20曲近くを当日その場でリハして演奏しますので(覚えきれず、結局はできていないのですが(涙))、それに比べれば一週間もあったので楽でした(大嘘)!

受ける時に「譜面通りはできましぇーん。好き勝手弾いて良いなら…」と条件を言ってはあったのですが、実際やってみると、やはりというか当たり前というか、最低限キメの所は合わせないとマズイし、フツーに4beatのランニングの箇所でも選ばれた音を使わないとサウンドしない箇所が何カ所もあり、毎日深夜に「うわーん」と泣きながらポイントのチェックをしまして、さながら夏休みの最終日が毎日続く、みたいな感じではありました。

更にビックリしたのは、ベース用の譜面にコードが一切書いてない!!
ええっ!!
いや、いくら譜面通り弾けと言ったって、コードを知らずに(理解せずに)弾くのはナシでしょ、ジャズだし。
ほんと、これにはビックリしました。ありえん。

と言うわけで、いや−、勉強になりました!
当日は衣装もバッチリ合わせて、蝶ネクタイの坊さん風出で立ちでがんばりましたよ。

前半はジャズ、後半はラテンとの事で、後半はエレベを所望されていらした様でしたが、このタイミングでエレベ引っ張り出してきてもどう考えてもアクシデントが起きない訳が無いので、がんばって全てコンバスで弾き通しました。だってエレベ、人前でもう何年(いや10年以上か?)まともに弾いてないですし。時間があれば使いたかったんですが、それが心残りです。

前半ジャズパートの最終曲「Ya Gatta Try Harder」とか後半ラテンパートの最終曲「Black Orpheus」(黒いオルフェをゴリゴリキメキメのラテンフィールで演奏)とか、とてもカッコ良かったな−。

にしても、来場者400人以上ですってよ、奥様!
Seiren最高集客時の何倍だよ…。羨ましい…。

いずれにせよ、貴重な体験をさせて頂いたNTSの皆様、ありがとうございました。m(__)m
楽しかったので、結果オーライ!

(舞台袖から)
IMG_3880.jpg

(リハ風景)
IMG_3882.jpg
 
 
 
 

渡辺チエコ X'masライブ@長野市 画廊カンヴァス城山

さて、大泉学園を後にしてドラマーとピアニストを送り届けて自宅に無事到着したのは3時を過ぎた頃でした。
でも不思議と今回は全く眠くならなかったな〜。やっぱり素晴らしい体験をして心身ともに興奮状態だったのかも。

数時間の睡眠の後、11月27日(日)は長野市の画廊カンヴァス城山さんというお店で、渡辺チエコさんのサポートでした。渡辺さんとは今年初めてお会いして、信濃毎日新聞社のロビーコンサートをお手伝いさせて頂きました。

お店に伺うと、まさに画廊!(当たり前)。壁にはウン十万円の絵画などが飾ってあって、楽器搬入の際にひっかけたらどーしよーな感じでしたが、更に出入り口をふさぐ形で演奏者が立つので、ステージの開始と終了時は必ずコンバスを運搬しなければならないという、なかなかハードルの高いステージングではありました(^^;

今回もボサノバの名曲オンパレードで、お天気こそは雨模様ではありましたが、それがかえってゆったりとした時間を感じさせてくれて、とてもリラックスしたひとときと過ごして頂けたかと思います。

お越しくださったお客様、呼んで頂いた渡辺チエコさん、山口さん、どうもありがとうございました!!

 渡辺チエコ Vo
 山口泰一郎 pf
 カルロス・ハルキ ds
 中島仁 cb

IMG_3867.jpg

IMG_3862.jpg
 
 
 
 

Seiren x 橋本学 @大泉学園 インエフ

話題が前後しますが(^^; 11月26日(土)、「Seiren x 橋本学」の第2弾を東京は大泉学園にある「インエフ」さんにて演ってきました!

富士見町に移住されたドラマーの橋本学さんとのコラボ企画なのですが、橋本さんの幅広い音楽性と色彩豊かでキレの良いサウンドにすっかりヤられまくっているワタシ達が第2弾の会場に選んだのは、ワタシのJazz研の大先輩のお店「in "F"(インエフ)」さん。実はあまりに大先輩すぎてお会いした事が今まで無く、勿論お店に伺った事も無く…。

ダメ元で連絡を取ったところ、快く受けて頂きました!なんと懐の深い!ただ、ライブ当日まで一度も顔を合わさず…というのもどうかと思っていたのですが、運良く(?)先日のBobo Stenson Trioのライブがありましたので、ライブが終わった後に顔を出させていただき、無事ご挨拶できたという次第。

さて、当日は交通費節約のためにワタシの車に乗りあわせで東京に向かいました。松本でピアニスト藤原君を、富士見でドラマー橋本さんをピックアップして、一路東京へ。東京の道はワタシ的には楽器屋さんルートしかわからん状態なのですが、そこは慣れた橋本さんのナビにて的確なアドバイスを頂きながら、渋滞にあう事も無く、無事お店に到着いたしました。お店の裏に駐車場があるので荷物の搬入は楽ですね。

(セッティング完了の図)
IMG_3848.jpg

セッティング〜リハが終了して開場時間を過ぎると、Jazz研OBのT口さんが一番乗りでご到着。その後もJazz研OBの方々が続々と集まって頂き、さながらOB会の様な雰囲気に(^^; 当日はVibのYさんや以前松川村パンプローナのSession等でお会いしたSさんもいらしてくださったのですが、圧倒的にJazz研OB臭が濃くて、その点はゴメンナサイでした。でも、久々(30年ぶりくらい)に会う人もいて、ホント懐かしいやら嬉しいやらありがたいやら!

(カウンターもあります)
IMG_3852.jpg

(セカンドセット前のマスターのひとこと)
IMG_3855.jpg

演奏の方は、松本での第一弾とはだいぶ違っていた様な気がします。いや、曲はかなり(殆ど)被っているのですが、演奏の内容が第一弾と比較して濃ゆ〜くなったいうか、我々も繋がりが密になってきたというか。橋本さんも第一弾では手探り感覚だったのだと思いますが、今回は比較するとかなり自由度の高い演奏内容になっていた様です。それに感化されて、ピアノもベースも今までやらなかった様な事やったり、かなりブーストされた内容だったと思います!今回はドラムソロのパートも増やしたのですが、いやー、たっぷりと聴かせて頂きました!ホント、素晴らしいドラマー!つくづくご縁を頂いた事に感謝しています。

IMG_3864.jpg

IMG_3865.jpg

残念ながら今回は日帰りツアーだったので呑めませんでしたが、インエフさんはマスターが新潟出身で美味しい日本酒が取りそろえてあるお店との事で、「日本酒とおでんとジャズ」が売りなのだそうです。次回は是非!

(終演後にメンバーで。Take 1)
IMG_3859.jpg

(終演後にメンバーで。Take 2)
IMG_3860.jpg

いやー、ホント充実した一日でした!
来て下さった皆様、インエフマスター、そしてメンバーに感謝、感謝です!
ありがとうございました!!
 
 
 
 
プロフィール

H.Nakajima

Author:H.Nakajima
長野県安曇野市出身。15歳からエレクトリックベースを始め、法大ジャズ研時代ではECM系サウンドに傾倒。2000年、故郷安曇野に定住の後2010年にはコントラバスにスイッチし西嶋徹氏、納浩一氏、安ヵ川大樹氏にレッスンを受ける。2014年本多俊之氏、2015年多田誠司氏、2016年赤松敏弘氏&市原ひかり氏とセッションやツアーサポート等で共演。2013年から3年間、自己のリーダートリオ「Seiren」(セイレーン)を結成し「静かに燃える」Europe系ピアノトリオサウンドを追求。2016年以降は橋本学氏(ds,perc)を迎え活動。2017年、橋本学氏を正式メンバーに迎え新ユニット「mjuk」(ミューク)を始動。現在はmjukの他、橋本学氏&望月慎一郎氏とのユニット「kiretto」(キレット)、山口泰一郎氏(pf)とのユニット「trio Innocence」、伊佐津和朗氏(Vib)グループ、堀内実智代氏(Vo)、伊佐津さゆり(pf)氏「信州ジャズ(平井景氏(ds)プロデュース)」サポート他、地元ミュージシャンと様々なジャンルで活動中。

 
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
Clock
 
 
 
 
 
 
 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Pagetop